夢はうたかた

だいたいどうでもいい話

拝啓、どこまでもまっすぐな君へ。

 

眼鏡を新調しました。どこかで見たことがあるようなフレームで、和装かスーツが合うかもしれません。

「ブログを書く」という作業が日常からなくなって久しいです。「90日以上更新のないブログに表示しています」が自分のページに表示されるとは。

2020年以降は、パソコンの前に座らざるを得ない場面が増え、余計な文章を書く気力も体力も、そして目の余裕もなくなってしまいました。今思い返せば、馬鹿みたいに記事を量産していた2016年などは、移動中の電車の中で1本ずつ記事を書いていました。満員電車を乗り切る私なりのサバイブスキルでしたが、発揮する場面は失われました。

そんなわけなのに、今日はなんとなくブログを書いてみようかなと思ったわけです。

今もぽつり、ぽつりと過去記事を見てくれている人が居るらしく、やっぱり嬉しいです。今読み返すと「なんだこの文章は」というものばかりですが、熱意が書かせた文章というのは、やはりいいもんです。

自担、というのもおこがましいわけですが、応援している人が悪意ある取材を受けていました。最初はひゅっ、と思いましたが、対応があまりにも私の好きになった人という感じで、笑ってしまいます。すごく傷ついたファンがいた以上、あの対応が良かったとは言わない方がいいかもしれないですが、私は馬鹿正直にしゃべっちゃうところも、お茶渡しちゃうところも、らしいなぁと思ってウケてます。 

gbh-asap.hatenablog.com

(これは4年前のカラ元気の姿/でも結構気に入っている文)

4年前は理不尽な叩かれ方や、高らかな担降り宣言に心を痛め、深く沈んでいましたが、今回はそんなことは全然ありません。今回も理不尽な叩き(それも4年ぶりにアカウント動かしてる人のとか見て笑っちゃいました。大好きじゃん)や担降り宣言はあるのでしょうし、たまに目にするわけですから、私が強くなったわけでもなんでもないです。ただ、私にとっての「ちょうどよい距離」をとれているだけだと思います。2015年に沼落ちして以来、2016、2017頭当たりはキスマイ中心の人生を送っていたので、体調に支障を来すレベルの影響があったわけですが、今回は全然です。横尾さんの(言っちゃった)ことは全然嫌いになっていないんですが、好きのベクトルが変わったかなぁという感じ。

沢山雑誌を買って、有料コンテンツにお金を払って、CDを買って、放送を追いかけて…というど真ん中の活動をしていた人と自分とでは、ショックに差があるのも当然だと思います。そういう人から見れば、私の「今回はダメージが少なく、存外に元気であった」は腹立つよなぁ、とは思います。4年前、言ってもど真ん中のファンだった自分は、いろんな意味でショックを受けていました。自分のお金や時間のかけかたを直視する機会になったからなのかもしれませんが。でも、もちろん悲しかったり、ショックだったりするというのは、何もおかしなことではなくて。

もうじき10周年ですね。A10TIONのMVを見て、自分はある程度キスマイのフォロワーとして過ごしてきたのだなと感じます。最近のキスマイにはすっかり疎くなりましたが、じっくり彼らを見てきた時間はあって、感じていた感情は本物だったと思います。

キスマイにはまた新しいフォロワーがたくさんついていると感じています。最近、新しくできたアイドルを追っていることもあって、10年間も一線で走り続けていることのすごさを実感します。あとシンプルにカッコイイっス。

2020、2021と、うっすらと孤独で、苦しい日々が続きますね。

横尾さんも、横尾さんが大事にしたい人たちも、横尾さんを大事に思っている人たちも、みな幸せでありますように。