白球を追う音の葉

野球音楽オタク横尾渉風味

ありふれた水曜日だけれど

私にとって意味のある日になってから、もう3回目の5月16日がやってきた。今年もまた、そうでない人にとってはなんの変哲もない平日。私も皆と同じように、電車に乗っていつもの場所へ行く。 

2016年は月曜だった。満員電車に揺られながら、飛び込んだばかりのツイッターコミュニティに溢れる喜びの声をたくさん浴びた。

2017年は火曜だった。確か、眠い目をこすって誕生日おめでとうとツイートした気がする(勢い余って描いた絵をつけたがある日しんどくなって消したからなんて書いたか覚えてない)。

2018年は水曜だ。それはそうだ、暦はそうなっている。今日もまた、同じように日常がやってくる。

 

今日は5月16日。

なんの変哲もない平日。日常。

でも、晴れた空、吹く風がいつもより気持ちよく感じるのは気のせいだろうか。

同じ空の下で、たくさんのおめでとうを浴びながら、少し特別な平日を幸せに過ごしていてくれたら私は嬉しいのだ。

 

私にとってのスーパーヒーロー、横尾渉さん。32歳のお誕生日、おめでとうございます。

好きなところ、尊敬しているところが多すぎて言葉になりません。ひとりの個人として、横尾さんのご活躍と幸せを遠くから願っています。