白球を追う音の葉

野球音楽オタク横尾渉風味

90年代への憧憬とアイドル文化

※この記事はポエムです。

 ※2017年2月に書いていたものがずっと下書きにあってかわいそうだったので放出します。こんなんもあったな~と懐かしんでください

 

BRUTUSが本気で作ったアイドル雑誌『平凡ブルータス』。

BRUTUS(ブルータス) 2017年 3/1号[平凡ブルータス]

BRUTUS(ブルータス) 2017年 3/1号[平凡ブルータス]

 

なかなか時間が取れず何ヶ月も放置されていたこの記事。今更だが完成させておこうと思う。(※2017年4月頃の話です)

 

「普段はあまりアイドル雑誌を買わない」「アイドル文化に興味があるが特段応援している人はいない」「BRUTUSが表現するイケメンがみたい」という人に特にオススメしたい。私は大満足だった。とっても素敵だったのだ。

毎月必ず雑誌を買う、という習慣がない私でも思わずほしいと思っていた。普段雑誌を買わない方も是非チェックしてほしい。

 

1.”『BRUTUS』がアイドル雑誌を作る”ということ

まずはこれ。『BRUTUS』といえば昔からあるおしゃれな男性誌。

『平凡』といえば『明星』と並ぶアイドル雑誌というイメージが。世代ではないなりに。まずBRUTUSがテーマ「平凡」を定めてアイドル雑誌を作るということがすでに尊い

また、アイドル雑誌はやはり「アイドルが好きな人に向けた」雑誌であって。ファンの求めるところに寄り添って、言い方を変えればファンにターゲットを絞るものだ。もちろんこれはこれの良さがあるのは間違いない。しかし、他Gに興味がほとんどないということがあるとどうしてもキスマイだけのために買うというのは勇気がいるのです…

今回の『平凡ブルータス』ではファッション誌やカルチャー雑誌を見るときのように、他Gのページも読んでみることにした。みんなめちゃイケメンだった(そりゃそうだ)。しかもタレントそれぞれのポテンシャルが十分に発揮される企画で、どの企画もぴったりだった。ブルータスさん、すごい。

2.「Kis-My-Ft2の90年代トラディショナル」

タイトルだけでわくわくが止まらない。何を隠そう私は90年代カルチャーにある種のあこがれを持つ世代である。

90年代といえばどんなイメージがあるだろう。89年に平成になって、バブルが崩壊して、世紀末。私のイメージは、音楽チャートが機能していた最後の年代って感じ(笑)

今回の企画の彼らの恰好は見る人が見れば、何をテーマにしているかがわかると思う。興味のある方は購入して確かめてほしい。

 

一ページ目から「30代突入を目の前にしたカッコいい男性」の写真が出てくる。こういう恰好をするだけで途端に29なんだな…と思わせてくれる藤ヶ谷太輔さん(29)。コメントも大人。

ページをめくると、ラフな服装と儚げな表情で外を見る宮田俊哉さん(27)の姿が。いつもニコニコ笑顔でオタ芸を披露している彼の一味違う表情にもうイチコロだろう。オタク活動や笑顔の秘密についても語っている。

隣のページは「宮玉」コンビでおなじみの玉森裕太さん(26)。

ひょいとバスケットボールを扱う姿はどこか少年的で、でもお兄さん。

キスマイBUSAIKU!?でのバスケットボールの扱いとずいぶん違うじゃないの

彼女との関わり方などについて語っている。そんな彼の90年代の恋愛のイメージは…。

ビルの屋上に腰掛ける千賀健永さん(25)。キスマイでは最年少。でも最も90年代よりの感性を持っているのは彼かもしれない。

少し個性的なファッションに身を包むのは二階堂高嗣さん(26)。すっかりダイビングに夢中らしい。どうしてだろう、普段のクソガキニカちゃんからは感じられない、ものすごい落ち着きを感じる写真だ。

我らの横尾渉さん(30)はMA-1に身を包み、どこかで見たトランクに腰掛けている。KNGW感も彼の魅力の一つである。

個人的には将来どんなふうになりたくて、今何をしているかについて答えている部分が私の趣味とぴったりでうれしかった。

ガラッと空気とスタイルが変わる。

少し暗い建物の中に座っているのは最年長リア恋番長北山宏光さん(31)。

30代とは思えないようなかわいらしいお顔と緩めの服装に、ふっと漂う大人の魅力がたまらないのだ。

 

おまけ 強火スーツ担からみた「ジュニアとスーツ」

デビュー組だったらできない企画だったと思っている。

ジュニアのことは最近顔と名前が一致し始めている程度にしかわからないのだが、だからこそスーツを立てているから。モノクロの写真も超いい。

個人的には岩本君、仲田君、ジェシー君の3人が特に似合うと思った次第であります(単純に引きの写真のほうが好き、という要素もあります)。

 

 

最後にもういっちょ↓

magazineworld.jp

すいません、うかうかしてたら10月末になってしまったので、どうやらバックナンバーないぽいですね!売り切れ御免!本屋さんとかでもし見かけたら買ってくださいね!!!