読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白球を追う音の葉

野球音楽オタク横尾渉風味

私とシャララとCDと。

n番煎じのタイトルで失礼します。

今回はブログというより日記色が強いのでラフな感じで書いてます。無理になったら回れ右でお願いしますね。

 

8/24にKis-My-Ft2の『Sha la la☆Summer Time』が発売になりまして。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、BOYS AND MENさんの『YAMATO☆Dancing』と同日の発売になりまして。(しばらく前の話になりますが、私はテレビか何かで彼らを拝見したことがあります。人数も多いし、お顔や名前を把握することは全然できませんでしたが、勢いの出そうな明るいグループだなと。まだジャニーズに興味のなかった時に。)

23日(フラゲ日)のオリコンチャートではボイメンさんが1位でした。

それでキスマイ5周年イヤー一発目からこれじゃダメっしょ~記録が途絶えるのはよろしくないよね!という感じで1位にしてあげよう!というムーブメントがファンの中で起きた。

ファンがアイドルに対してできることって、商品を買うことと反響を伝えることくらいだと思うんです。数字というのはやはり強い力を持つもので、何枚売れました、どれだけツイートがありました、番組に対してこれだけ感想メールが届きました…とかは重要だと思います。

かなりのデットヒートで、キスマイファンもボイメンファンも、CDを買いまくってました(少なくとも私がネット上で目にした限りでは)。

「追いシャララ」「シャララ狩り」なんて言葉が溢れてキスマイファンがCDを買ってまして。ラブライバーさんや今までたいぴちゃんとドラマで共演した方のファンの方、ニカちゃんや千ちゃんの可愛がっている後輩の担当の方、我らがワンだランドから篠田麻里子さんのファンの方…などなど沢山の方々が「お世話になったしキスマイのCD買おうかな?」と購入されていました。

単純に今までキスマイのCDを聴いたことない人の手にCDが渡ったことをとても嬉しく感じました。

前に「ジャニーズに苦手意識うんぬん」みたいな記事を書きましたけども、あの時もただ、できるだけたくさんの人に音楽を聴いてもらいたい、知ってもらいたいと思ってました。予想以上に反響をいただけたことはとても嬉しかったです。そしてたくさん読んでもらえたのがあの記事でよかったなと思ってるんです。できるだけたくさんの、ジャニーズに興味のない人に読んでほしいからついったーに連携したんですよね。あれが初めてのことでしたが、まあもういいやと思って今は連携してます。

私の想いはこれに尽きます。

初めてキスマイのCDを手にした皆さん、大切に聴いてくださいね!沼で待ってます。

 

いろんな界隈の方がCD買いますよ〜と仰るのを見てドラゴンボール育ちの私は、魔人ブウを倒すための元気玉を集めているシーンが浮かびましてね。

「オラに元気を分けてくれ!!」

ミスターサタン枠は間違いなくみやっちなんですけど。

知らない人はぜひ調べてみてください。有名なシーンなのでどっかに解説があると思います。この間なんかそんなブログも見かけました。

 

「おい!こっちの店にはまだ在庫があるぞ!」

「こっちは売り切れだ!次を当たれ!」

オリコンの集計に間に合うには何時までだ!それ以降はこちらの店舗に回れ!」

いやぁ、戦国時代かと思いました。

青春ごっこは嫌いですが、多くの人間が連携して動くのは好きです。お祭として楽しませてもらいました。

 

そしてキスマイはオリコンウィークリー1位になり、ビルボードもツイートやラジオなど込みの総合1位となりました。

よかったね、また次回も楽しみにしてるね。ボイメンさんこの時代に20万枚超えるなんてものすごい売れ方!新人賞とって欲しいなぁ。おしまい!

 

で終わらないのが人間の難しいところでね。いや、これで終わりなんですよ?でもまあみんないろいろ考えたわけです。みんなの意見はわかりませんから私だけに限定しますけども、めっちゃ考えましたよ。

 

音楽好きで、自分の年齢がとにかく許せない私は、年間チャートとか過去のまでたくさん見ていて。やっぱり、途中から変わるんですよ。ランキングが大した意味を成さなくなるというか。何でとか、どこからとかは別に予想の範囲を超えないので言及できないですけどね。

まずCDを買おうという人が減ってしまったのは事実だと思います。

少し前に「無料で音楽を聴けないのはおかしくないですか?」というアプリの評価コメントが話題になりました。

世界に音楽が溢れて、テレビ、ラジオ、インターネット、街中、どこでも音楽が聴けるようになりました。だから、わざわざお金を出してCDを買おうという人は減ってしまったんですかね。

私はCDが大好きですが、どーーーしても手元に置いておきたいものしか買いません。公式でyoutubeとかに上がっていたら、まあ迷いますよ。今なら1曲買いとかもできますし、気に入った曲だけを買うこともできるわけで。

ジャニーズは基本的にCDを買うしか音楽を聴けるチャンスがないので、そういう意味では現代的ではないのかな。初めて買ったDVD付きのCDがこの前のアイスクリームですからね。ソロ曲聴くには4cupsしかなかったので。勿論映像含めめちゃめちゃ楽しませてもらったので対価を支払う価値は十分ありました。おすすめできる。

私の大好きなとあるCDショップ、どんどん店の規模が小さくなってしまい残念に思っていますが、そこに売っているのはほとんどアニメかアイドルです。CDを買う必要があるジャンルって、もう多くないのかな。なんて悲しく思いました。アニメやアイドルを否定するつもりは全くないですよ。好きです。

 

コンテンツを楽しむためには対価を支払う必要がある。

これは事実です。

でも必ず買わなきゃいけないなんて誰も言ってない。(言ってる人を私は見てないですけど、いたとしてもそんなのは知らん。)買わないのも自由、買うのも自由ですよ。お金を支払って手に入れるだけの価値を見出したなら買うし、そうじゃないなら買わない。それだけの話なんだろうなと。

たくさん買ってもいいじゃない。それだけの価値があると思うならば。 

私個人としては理想はたしかに、少ない枚数がたくさんの人の手に渡り、大きな売上を出すことだと思います。

いろんな人がキスマイっていいよね、特別ファンじゃないけど、CD何枚か持ってるよってなれば嬉しい。キスマイはいろんなジャンルの人にヒットする曲があるという強みがあると思うのですよ。

そうなれば、きっと自ずと国民的アイドルになるんでしょうなーって。

 

エースとは?と尋ねられ大谷翔平は言いました。

「少なくとも自分で決めるものではないですし、周りの人が評価してそう呼んでくれるところなのかなと思います」

もう少しガツガツいってもいいかな。

岩本勉は言いました。

「ずっとエースを目指して頑張ってきた。その頑張りや後からついてくる数字を見て周りが褒美としてくれる称号。現役中は自分をエースだと思ったことはない」

エースを、国民的アイドルに置き換えても、いいじゃない?(何でもかんでも野球に置き換えるくせ、やめたい)

みんなが知ってるアイドル、Kis-My-Ft2になるのを期待しています。いや、期待してるのかな?でも彼らが望むなら応援するだけです。

 

今回、CDを買わなかった人。

CDをたくさん買った人。1枚買った人。

全部自由なんですよ。どれが正しいとか、どれがファンとしてあるべき姿だとか、そんなのはなくて。

買うことで確かに彼らの活躍の場は増えるかもしれません。それを願い、じゃあ1枚買おうかなって思う。十分ですよ(ほんと何様だお前と思っても生卵を投げるのはやめてください)。

この一連の流れを「絶対買わなきゃいけないでしょファンなら」と受け取った人はしんどいと思います。趣味なんだから、コンテンツに対する熱量も力のかけ方も全部違う。経済力も違う。できることからしたいことだけを選んですればいいと思うんですが、ゆるおただからそんなこと言えるんでしょうか?なんだかごめんなさい。

私がジャニーズに足を突っ込んで思ったのは、ファンがみんなすごくバラバラなんです。いい意味で似てない。

それが楽しくて面白い。バンドのファンって、似てることが多いんですよ(偏見)。だから他の趣味も性別も年齢も立場もなんもかんもバラバラなのに、Kis-My-Ft2って素敵だよねと集うこの文化が、ファンが好きなんですよね。

高校大学と進むにつれて、周りの人の学力なり興味のあることなりがどんどん似たものばかりになっていくイメージがあるじゃないですか(ないでしょうか)。そうやって似た人としか付き合わなくなった中で小学校のときの友達と遊ぶのが楽しいみたいな感じがある。バラバラなのが楽しくて仕方ないんですよ。

だからこそ、いろんな考え方があるし、難しいけれど、「いち趣味なんだから」と思えばそれでそのアイドルから離れなくても良いんじゃないかなって。今回の件で自分はここのファンに向いてないよ、という声を結構見ましたけど、キスマイファンのあるべき姿なんて決まってないし好きに応援すれば良いと思うんです!自分の好きなように。趣味だし。

前の記事のバトンみていただけたらお分かりになると思いますが、超意識低い系おたくなのでこんなこと言えちゃうのかもしれないですね。ごめんなさい。

 

私は私のペースで、欲しい時にはCDを買い、殿堂入りして欲しければジーニストに投票し、ラジオが存続して欲しければ存続希望メールを送る。ツイート部門で1位になって欲しいし正式名称で呟いたりする。

それでいいと思ってます。

キスマイは私の元気の源なので、活躍の場は多いほうが嬉しい。だから、できる範囲で対価を支払い楽しませてもらいます。ありがとう、素敵な曲でした、面白い番組でした、素敵な雑誌でした。とね。

CD1枚に込められた想いへの感謝の気持ちを次回作でお返ししますと言ってくれたスタッフさん。力強いお言葉がとても嬉しかったです。新作心から楽しみにしております。次回のキスマイ作品が、より多くの人の手に渡り、大切に聴かれるCDになりますように!そして多くの人がキスマイの魅力に気づいて、沼にはまりますように(笑)

黄昏 見送る 水平線のオレンジ (静けさに)
誇らしく 夜空咲いた花火 (刹那色)

夏が、終わりますね。

忘れられない夏が。

ど新規の長い長い戯言日記、おしまい。

日本語の乱れはどうかお許しください。