読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白球を追う音の葉

野球音楽オタク横尾渉風味

どこまでを許容するか。

ちょっと思ったこと Kis-My-Ft2

(※連投失礼します!書きたいことが多く旬が過ぎそうなストックがたくさんで…)

 

久保みねヒャダこじらせナイト、皆さん見ただろうか。

私はリアタイするぞ!と意気込んでいたものの翌日早い時間から予定があったので夕方に録画で見ることとなった。

でも夜中に見るからこその面白さがあるし、リアタイだからの楽しさがある番組だと思うから。ちょっと、残念だった。

みやっちがとにかくイケメンだった。物腰は柔らかいし、爽やかだし。

宮田ガールズのみなさんをメロメロにする王子様ということがよくわかった。

いや、ジャニーズとして生きるヲタクというキャッチコピーだったけど。

私の大好きな横尾渉さんのことも、どこかの番組で「ジャニーズとして生きる料理人」とか「ジャニーズとして生きるペット介護士」とか「ジャニーズとして生きる俳人」として取り上げていただけませんか?

(全部正確には事実と異なるから無理)

多分内容についてのレポとか、感想はたくさんの方々が書くと思うから、私はちょっと違うことを書こうと思う。

 

みやっちは、ラブライブのμ'sファイナルライブに参戦した。

たくさんの写真が出回っていたことは知っていたし、それによって「宮田先生はガチ」みたいな感じでアニメ好きの方々がみやっちの『好き』が本当であったことを証明した面はあったと思う。

私もツイッター上でそれを知った身であるから、大声では言えたもんではないけど。

しかし、そこで写真を撮られすぎてしまったことが原因で、みやっちはマネージャーに「当分趣味は控えるよう」言われてしまったのだという。

(まあ翌週の水樹奈々氏のライブに参戦していたというからちょっと安心した面はあるのだが)

この放送を受けて「宮田さんの写真をネット上にアップしないという暗黙のルールをつくろう」という意見がアニメ好きの方々から上がっていた。

もちろん、悪い動きじゃない。

でも、そもそも「勝手に撮った写真を勝手にネットに上げてはいけない」でしょう。

と思ってしまう。

(個人的な経験だが、勝手に写真を撮られ、知らないうちにその写真が出回り、遠く離れた友人の手元までその写真が流出。心配した友人から電話がかかってきたこともあった。ネットにさらされたこともあった。だから人一倍この手の話には思うところがある。もちろんみやっちは芸能人、私は一般人とそこには大きな差があるが。)

私はネットに上げるだけじゃなくて、写真を撮るのもダメだと強く思うタイプだ。

芸能人とはいえ、彼らはいち人間なのだから、特にプライベートでいる時は芸能人じゃないのだから。写真を撮られたりすることは気にしないという人もいるかもしれないし、みやっちがどう思っていたのかはわからないし、法律的にどうかと言われたら、いろいろな意見があるようだけど。

これでみやっちの趣味に使える時間が失われたとしたらとっても悲しかったので、ネットで「写真を上げないようにしよう」という声が上がったことは単純に嬉しいけどね。

みやっちがこれまで通り趣味に没頭できますように。

 

SNSマナーとか、個人情報を公開しすぎとか、いろいろな問題がある。

今一度もっともっとネットに何かを載せるということは「世界中に」発信しているのだということを意識して使うべきだと思うし、私も気を付けなきゃいけないなと思う。

それから、スマートフォンの普及で簡単に写真を撮れるようになってしまったからと言って、なんでもかんでも写真を撮るのは絶対だめだ。

その辺、どうしたら伝わるのかなあ…。

(見知らぬ人の写真をあげて「この人マジキモいw」とか書いてツイッターにあげる人とか、減らないじゃない?どうにかしたい…な。)

 

まあ、普段から「よこおさんいけめええええんんん」「ふおおおおお」とか呟いている私が書いても説得力はないのだけどね。