読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白球を追う音の葉

野球音楽オタク横尾渉風味

ジャケ買いに憧れたあの頃。

 

ジャケ買いに憧れていた。

いや、今も憧れているんだ。

 

CDと本が大好き。

夢は壁一面の棚に本とCDを並べた部屋で暮らすこと。

コンポを置いて、ヘッドホンも置く。

そんなことを今でも考える。

 

ジャケ買いをしたかったけど、そんなリスクのあることを大金をつぎ込んでできなかったあの頃。

私は「ジャケ借り」をした。

レンタルショップで、「直感でオシャレっぽくみえる」CDを借りるのだ。全く知らないアーティストの作品を。

買うよりも安く済み、外した時のダメージが小さくていい。

でも、ジャケ借りは続かなかった。

あまりにも当たりを引けなくて、自分のセンスのなさに落胆したからだ。

ああ、買わなくてよかったなと思いながら。

 

最初にジャケ借りしたのは

Coldplayの『Mylo Xyloto』だった。

読めないタイトル。

抽象的なジャケット。

精一杯の背伸びで、なんとか私のセンスが引っかからないかと願い借りた。

 

しかし想像していたよりもポップで明るいサウンドに、私はガッカリした。

いや、彼らの音楽性が悪いとかではなく、自分が求めていて、想像していたものとあまりにも違ったからだ。

 

それでも、なんとかしてこのアルバムを好きになるべく、何度も繰り返し聴いた。

 

何度も。何度も。

何度も。

 

 

Coldplayは人気が出た。

それは私の知っていた曲のテイストではなかった。

あとから調べてみたら、あのアルバムは極端にポップよりだったらしい。

 

いま私はその時にジャケ借りをやめたことを少し後悔している。

でも、好きになるべくたくさん音楽を聴いたことは、本当によかったと思っている。

 

スマートフォンが普及し、私のやっていたことはCDを借りずともできるようになり、YouTubeなどを通してたくさんの音楽を聴くことができるようになった。

ShazamやSound Houndなどの発達で、外にいて偶然耳にした曲を調べることができるようになった。

この文明の発達にのっかり、私はこれらのサービスを利用してたくさんの音楽を探すようになった。

音楽DD(どれでも大好きの意。アイドル用語のDDはだれでも大好き)として有意義に活動している。

私を音楽DDにしたのは、きっとラジオなんだけど、それはまた別の話。

 

でも、やっぱりCDが好き。

リスキーなことはしなくなってしまったけど、選りすぐりの1枚を、取り寄せてCDショップで買っている。

大きなCDショップ(新宿タワレコとかシブツタとか)に行かないと、ジャケットで選ぶということすらできない時代になってしまったことはとても悲しい。

CDショップに並ぶのはポピュラーな洋楽、アイドル、アニメ。この3つばかりになってしまった。

結局、その層以外はほとんどCDを買わなくなってしまったということなんだろう。すごく寂しい。

私は最近ついにジャニ沼に足を突っ込んだ。やっぱり「売り上げに貢献したい」という気持ちが大きいのと、インターネット上に音源が存在しないということが大きいと思う。彼らの音楽が聴きたいのなら、CDを買うしかないのだから。

最近はフリーで聴ける法的にグレー(?)なシステムも横行し、無料で聴けないことに対して憤りを感じる人すら増えている。

常識は変化していくものだ。

昔と同じだから正しいわけじゃない。

でも、CDを買うことの楽しさを忘れないでほしいなと思う。

 

話が逸れてしまったけど、久々にこのアルバムを聴いたから、書いた。

先入観でハズレ扱いしてColdplayには本当に申し訳ない(いまはたまに楽しく聴いている)けど、感謝している。

 

ワクワクするサウンドに乗せてーーー

 

Mylo Xyloto

Mylo Xyloto