白球を追う音の葉

野球音楽オタク横尾渉風味

大谷翔平は本物だ。

 
昨日(5/29)のファイターズ×イーグルス戦、見た方も多いのではないだろうか。
 
6番 ピッチャー 大谷翔平
 
真の二刀流のお出ましだ。
 
おそらく明日以降の交流戦を見越してのことだろうが、いち早くパリーグの試合で見せてくれたことに私は感謝している。
 
1回表。
投手として投げるよりも先に打席が回ってくる。
一打席目はファーストゴロだ。
残念ながらここでスリーアウトとなり、バタバタと翔平はマウンドに上がらなければならなかった。
このバタバタ感については試合後に栗山監督も語っていた。

www.nikkansports.com

 
しかし、裏の投球では、フォアボールは出したものの無失点で切り抜ける。
2回表はレアード、中田(二打席連続)にホームランが飛び出し、一気に7-0となる。
 
大量援護をもらった翔平は、そのあとも球数は少なく、テンポの良いピッチングを続ける。
3回に一点を失いながらも、最後まで危なげないピッチングを見せた。
本人もインタビューで語っていたが、この大量援護なしには二刀流大谷のコンディションを保つことは難しかっただろう。
明らかにファイターズの攻撃時間が長かったことで、投手としての準備をする時間が取れたのだと思う。
 
面白かったのは、2アウト、或いは1アウトランナーあり(ダブルプレーの可能性あり)の時に、ネクストが大谷の時だ(今回の試合では、陽の打席)。
ルールとして、ネクストバッターズサークルには必ず選手が入らなくてはならない。
が、ここで前の打者が凡退あるいはダブルプレーなんてことになれば、大谷に打席は回ってこず、準備したにも関わらずバタバタとマウンドに上がる必要が出てくる。
 
これはセリーグでもよくみられる光景らしいのだが、そのピッチャーのバタバタを防ぐために、代打が出るわけではないが、控え選手が代わりにネクストで待機する、ということしていた。
特に今回の試合はたまたま陽で終わる回が多かったため、ネクストに待機する別の選手の映像が何度も映し出されていた。
DH制をとるパリーグではまず見られない光景で、思わず驚いてしまった。
 
正直この後のピッチングについて述べられることはない。
ほとんど完璧に近いピッチングだったからだ。
 
5回、6回、7回と3打席連続ヒット(7回はタイムリー)を放つ。
打者としても申し分ない。
 
5回のヒットの直後にはレアードがホームラン。
6回は大谷のあと2連続タイムリーで生還。
7回は大谷の直後にあっさりチェンジ。
 
と、無駄な(と言っては誤解を招きそうだが)走塁で体力を消耗せずに済んだことはかなりラッキーだったと思う。
しかし、これだけ投げていながらバッティングフォームは崩れることなく、猛打賞ときたら…。もうこの人について語るなんて言うのはおこがましいことだと思う。
 
圧巻だったのはおそらくこの回での降板を告げられてからマウンドに上がったと思われる7回だ。
このイニングは明らかにフルパワーで投げていた。
すると自分の投げる最終イニングで161km/hを記録…!
7回まで投げるというだけでも疲弊するだろうに、この選手は何度も言うがこの試合で猛打賞を達成した選手だ。
 
結局チームは大勝。
ヒーローインタビューにはもちろん翔平が呼ばれた。
 
――7回1失点で3勝目です
「すごくいいテンポで投げられたわけではないが守備のおかげでリズムに乗れた」
――三安打猛打賞で11試合連続ヒットです
「たまたまです」
 
どうしてこの選手はこんなに謙虚に存在しているのだろうか!
こんなに素晴らしい成績を残せる選手なら、多少性格が悪くたってみんな認めざるを得ない。
しかし人間性までしっかりしているときたら…もう尊敬の言葉しか出てこない。
 
やっぱり大谷翔平は本物だった。
これからも「打って投げて活躍したい」と言ってくれたので、ずっと応援していきたい。
 
こんどはどんな世界を覗かせてくれるのか?
あくなき向上心に敬意を。