白球を追う音の葉

野球音楽オタク横尾渉風味

今更「KIS-MY-WORLD」にハマる。

 
つい最近Kis-My-Ft2にハマってしまったという記事を書いた。
 
キスマイは新しいアルバム「I scream」が6月に出て、そのあとにツアーがある。
大半の曲の試聴が公式HPで始まっており、直近のラジオでは新曲がフルで流れた。
キスマイファン界隈ではすっかりアイスクリーム一色なのにもかかわらず、私は今から一つ前のアルバム「KIS-MY-WORLD」の話をしようとしている。
 
キスマイファンになってからかなり日が浅い私は、本当に最近やっとCDをレンタルで借りてきて曲を聴いている。
CDは買うべきだという話なのだが、どうも旧作は買う気になれず。そして一時ハマってるだけですぐに冷めるのでは無いかと自分が一番思っているから手を出せない。
今回のアルバムはソロ曲を聴くためには初回限定を買わなければならないため購入を検討しているが、まだ色々欲しいCDがあるせいでかなり迷っている。
 
なぜ今更「KIS-MY-WORLD」なのか。
 
 
 
 
このアルバム良すぎる。
 
 
 
それだけだ。
まだ試聴段階なのでどうこう意見するには早すぎるのだが、アルバム「I scream」はかなり爽やかな曲が多い印象だ。
もともとアイドルが好きでキスマイのファンになったわけではないため、カッコイイ系の曲がどうしても好きだ。
バリバリのアイドルソングや、温かみのあるバラードはあまり得意ではない。
もちろん聴いていくうちに好きになることはあるので、例外はあるが。
それに対して前作「KIS-MY-WORLD」は、カッコイイ系の曲が多い。
いや、多くはないのかもしれないが、好きなテイストの曲が多いのだ。
だからここからは勝手にこのアルバムについて述べる。
不快に思う方がいたら申し訳ないので、ここから書くことはすべてド新規キスマイファンの戯言だと受け流していただいて結構だ。
 
 
1曲目 "4th"overtune
→壮大なオープニング曲。
たまに声は入るもののインスト。
残念ながら参戦歴が無いので、「ライブの時のことを思い出してわくわくする」ということについては語れないが、これからアルバムか始まる!というワクワク感は十分味わえる。
 
2曲目 Brand New World
ガシガシのダンスチューンでイライラした日に爆音で聴きたい系の出だし。勢いがいい。これはカッコイイ感じかな?と思わせる前半。
個人的にはこの曲の中で一番好きじゃ無いのがサビ。
明るい方にいったなあ、っていう印象。特に移調してからは結構明るい。
歌詞も次のステージに向かって頑張っていこう!という感じの曲なので展開的には全く問題ないのだが。
 
3曲目 Kiss魂
(watering KISSMINT CM曲)
この曲はキスマイにハマる前から好きだった。アイドルソング感が無いのでかなり聴きやすいロックテイスト。テンポは速くないが、カッコイイ。
常に半音上がってるみたいなBメロが好き。サビも楽しいのに何かがざわっとする様な寂しさというか、とにかく聴けばわかる。衣装やPVの色使いも基本白黒なのでそこもかなり好き。
 
4曲目 Another future
(信長のシェフ@玉森 主題歌)
出だしが壮大な感じ。
「嵐っぽい」気もする(嵐っぽさが何なのか説明はできない。似た曲があるのかな)。
カッコイイ系ダンスチューンではないが、明るい曲とは言えないだろう。
歌詞は激励するような、力強いことを言っている。
サビのコーラスは何と言ってるのですか?というラジオでの投稿が過去にあった。
それを意識するとコーラスにばかり気を取られてしまう(笑)
 
すべての始まりは そう いつだって自分自身
 
のコード進行がかなりよい。ここが一番好き。
 
 
5曲目 FOLLOW
第一印象は「K-POPぽい」(前述したとおり「ぽい」の説明ができない)。
でもこの曲かなり好き。カッコイイ枠。
 
猛獣と化したエナジー 今だけ Set me FREE
 
の二階堂さんかなりカッコイイ。
こういう曲に声質があっているのだと思う。
 
多くを語る必要はないので聴けばわかると思う(2回目)。
 
6曲目 君にあえるから
私はバラードが苦手だ。
飛ばしたくなる曲…のはずなのだが、音の運びがかなり正統派だからか、聴きやすかった。
サビの半音下がるところが良い。
ただ、バラードが苦手なのでこの辺で(笑)好きな人は勿論ハマるだろう。
 
7曲目 if
ピアノ音と大き目のビートが心地よい。これもかなり正統派の音運びな印象。
 このビート何処かで聞いたことある気がして心が締め付けられるのだがなんの思い出の曲だったろう…(あり過ぎて多分見つからない)
 
8曲目 わんダフォー(藤ヶ谷&横尾)
お遊戯会の曲です!(違う)
でもアラサーのお兄さんが歌ってると考えると…幸せを感じる。
特にセクシー担当藤ヶ谷さんがこんなかわいい曲をと思うと…(笑)
キスマイは全員が犬を飼っていて、特に横尾さんは実家で飼っている老犬のためにペット介護士の資格を取り、ペットのレギュラー番組を取るほどの動物好き。
歌詞には2人の飼ってる犬の名前が出てくる。
 
9曲目 BE LOVE(玉森&宮田)
これだけで記事が書けるくらい、聴くたびに好きになった曲。
仲のよい宮玉(たんまみーや)でBE LOVE=BLということなのだが…。
ライブを見ていないし、BLについては触れずに歌詞と曲にだけ。
 
曲調だけなら、カッコイイ系ではないので好きではないかなと思っていた。
この曲は「スルメ」だ。
聴けば聴くほど良さがたくさん見つかってどんどん好きになる。
 
景色が どんなに早く過ぎ去ってもいい
 
のところの音が本当に哀しい音。
 
この2人は本当にいろいろな葛藤があってここまできている。
そんな背景をちょっとだけも、一部だけでも見せてもらっているから、この曲はこんなに切なく哀しく聴こえるのだろうか。
 
これは前の記事と関連するが、
 
あまりに完璧に思える今日は 君の欠けた所まで 必要だから
 
のところが良い。
2人の関係性、そしてキスマイや舞祭組のことまで見えてくるのは邪推だろうか。
 
 
10曲目 Double up(千賀&二階堂)
単純に曲として一番好き。
かなりカッコイイ。
甘いボイスの千賀、ハスキーをうまく利用した二階堂。バランスが絶妙。
こんなにカッコよくてJAZZYな曲を歌うアイドルがいるのか!
しかもそれがおバカな末っ子コンビだというんだから…。
嫌いな音が1音もない曲。
アイドル、キスマイに興味ない人にでも勧めたい。
 
11曲目 証(北山&藤ヶ谷)
なんどもいうがバラードが苦手だ。
でもこれキスマイとファイターズのコラボ!!!
TRIPLANEという北海道出身バンドのボーカルが作詞作曲。
TRIPLANEと言えばハムファンとしては「ファイターズと共に」だ。


北海道日本ハムファイターズ「10th SEASON プロジェクト」テーマ曲「ファイターズと共に」ミュージックビデオ(ファイターズ ver.)

 

これを知ってから重度のファイターズファンの私はかなりこの曲を贔屓目に見ている。

 

藤ヶ谷北山の藤北コンビがこの曲を歌うということに意味があるということは、ド新規の私でもある程度調べて、少しは知っている。

私は藤北信者ではないが、二人の不器用な男の友情には心を打たれる。

そして二人がキスマイをここまで引っ張り上げてきたと思っているし、藤北は「戦友」なんだろうと思っている。

だからこのコンビはアコギでしっとりとこんな歌詞の曲を歌ったら泣いてしまうファンがいることもわかる。

個人的にはこんな姿を見せるのはずるいよ!と思っていて。

カッコイイお兄さんたちが、いつもガシガシファンを煽ってるような二人がしっとりバラードだから。

でもこれからも不器用な藤北を応援していきたい。

 

12曲目 Shake body!!
(コーワ「虫よけ当番」CMソング)
これも良い。
ダンスチューン。
決してCMタイアップだからといって「(虫から)守るぜハニー」だと思って聴いてはいけない。
間奏の早くなっていくところもクラブっぽくて良い。
これもとにかく曲としていいので聴けば分かる(3回目)。
 
13曲目 Perfect World
(DHC「薬用アクネコントロール」CMソング)
これは爽やか。爽やかでまぶしい。
私のような暗い人間にはちょっと爽やかすぎるな(笑)
 
14曲目 Thank you じゃん!
これは…
カッコイイキスマイが好きな私には衝撃的だった。
壁ドンとか旬なワードが入ってきていて数年後に聴いて
「そんな時代もあったなあ」と思うのだろうか…(笑)
作詞が鈴木おさむ氏なので、何らかの意図があるのだろう。かな?
 
15曲目 KISS&PEACE
爽やか&バラードの融合に私には聴こえる。
もうイメージカラーは真っ白。
私はあまり好きではない。ただカッコイイのが好きなだけだと思うが(笑)
 
ここからボーナストラック(通常)
 
16曲目 ドキドキでYEEEAAAHHH!!
キスマイっぽくない…!が第一印象。
 
(あっそれ)(あっそれ)
 
祭か!!!!!
 
「やっぱそうじゃん!(藤ヶ谷)」
 
何が!!!
 
とか思っていたわけだが。
このサビがとてもいい。
完全に「祭の後感」なんだ。
すごく楽しいのに。これが終わったらもう楽しくないんだという感じが見えてとてもさみしい。
それが見えてからとても好きな曲になった。
これ誰かに伝わらないかな~。。。と思っている。
そう思うと(あっそれ)は祭だったのかもしれない…(笑)
 
16曲目 Halley
この曲はいい意味でアルバムのボーナストラック感がある。
全体のテイストとはちょっと違うけど、エンディング感はあって。
 
でも次に行くよ、また次であおうね。
 
という感じを受ける。
アンコールの2曲目として(アルバムの構成の話)とても合う曲だと思う。
 
 
とまあ雑に長々とまとまりのない文章を書いたわけだが、
要するに「KIS-MY-WORLD」は凄く良いアルバムで皆に聞いてほしいということだ。
それから今のとこ爽やかすぎてちょっとまぶしいかな?
と思っている「I scream」もとても楽しみだ。
 
4200字って原稿用紙にして10枚半だ。
いくらなんでも書きすぎた。
ここまで読んでくれた方がいるとは思えないが、戯言に付き合ってくれた方がいらしたならば感謝申し上げたい。