読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白球を追う音の葉

野球音楽オタク横尾渉風味

完璧なんていらない。

野球についてばかり書いているが、実は私は最近アイドルグループKis-My-Ft2にはまってしまった。

自分が一番驚いている。
学生時代ジャニーズに沸く周りをくだらないと思っていて、一切興味がなかった私が、だからだ。

ちなみに、メンバーの中で私を捉えたのは、フロントメンバーの藤ヶ谷でも玉森でも北山でもなく横尾渉だった。
黒髪で高身長、キリッとした顔立ち。
歌えない踊れない喋れない。
なんてジャニーズらしくない!
と思ったのがきっかけか、どんどん彼の魅力に吸い込まれた。
その話は、機会があれば後日書きたい。
さらに付け加えれば、氣志團星グランマニエ氏も横尾さんの魅力に引き込まれた1人であるというから面白い。


エムオンやスペシャをよく見る方なら、2011年あたりはやたらと「Everybody go(short ver.)」を見かけなかっただろうか。私はキスマイが嫌いになるくらい見た。もうショートバージョンなら流すなよってくらい流れていたのを思い出す。
ふーん、ローラー履く人たちなのね。
くらいの認識だった。

そしてデビューの時期のせいか、すごく若い人たちだと思っていた。
実は最年長の北山くんは今年31だ。
横尾さんが30、藤ヶ谷くんが29…一番年下の千賀くんが早生まれの25歳。

それを聞いただけでも、楽をしてここまで来たわけではないことはお分かり頂けるだろう。
自分でも嫌な人間だと思うが、これを知っただけで彼らのことがかなり好きになった。

そしてキスマイに対してかなり甘々な目になっていたところで、私の心をガッと掴んだのが、深夜番組(現在は月曜23:00〜)の「キスマイBUSAIKU!?」である。
ファンの方にとっては説明不要とは思うが、この番組はキスマイメンバーが1人1人テーマに沿って『カッコイイ』と思うシチュエーションを考えて演出・演技し、それに対して一般の女性がコメントするというもの。
ジャニーズに対して『キモい』『全てが無理』『ダサすぎw』などという言葉が飛び交うこと自体が衝撃的な事だ。

アイドルが、しかもジャニーズが一般人に意見されるなんてことがそもそも今まで許されただろうか?
この番組は「キスマイみたいなブサイク集団冗談きつい」というようなネットの書き込みがたくさんあったことから、タイトルに「BUSAIKU」という言葉が入って始まった。



「俺ら本当はカッコイイってとこ見せて見返して行こうぜ」



アイドルにネットの書き込みがそんなことを言わせる時代なのか?

衝撃の一言だ。

さらに、だ。
冒頭にさらっと「フロントメンバーではなく〜」なんて書いてしまったが、やはりファン以外の人たちにとって、キスマイのイメージは3人と後ろの4人、ではないだろうか。

最近は衣装の格差が減り、歌割も増えているが、当時は4人はバックダンサーと同じ恰好をして踊っているようにしか見えないPVもよく見かけていた。
思わず「かわいそうな4人」とファンではなかった私も思っていたし、「フロントメンバーだって推されてるけど後ろと比べてめちゃめちゃカッコイイわけでもないじゃん」なんて失礼なことも平気で思っていた。

3-4に分かれてるアイドルグループだよね、という世間の認知があるだけで売り出す戦略としてはアリだったとは思う。しかしそれはあくまでも一般層に認知されることに目的を絞っているような感じを受ける。
ファンになってしまえば「7人でグループなのに」「同じグループにいるのに私の応援してる人は全然映らない」
という意見が出てくることは明白だ。

それを逆手に取ったのが「舞祭組」だ。
推されていない後ろの4人ユニット、と大々的に宣伝し(推されてないなんて冷静に考えて凄い発言だ)、SMAP中居氏のプロデュースにより、コミカルでキャッチーな曲でデビュー。
衣装はグレーのリクルートスーツ。
というかグループ名が「ブサイク」だぞ。

異例だ。

「アイドルなのに冗談きついって言われてるグループでさらに推されていない後ろの4人でリクルートスーツ着て歌うブサイクってグループ作りました」


いやいやいやいやいや。


ジャニーズの常識を超えていっている。

しかしアイドルでキラキラ輝くことを目指し、泥臭く頑張ってやっとデビューしたのに…舞祭組としてスーツで歌う姿に、その覚悟に心を打たれて今ではどっぷりハマってしまっている。

アイドルって何だろう。
キラキラしていること?キャーキャー言わせること?

そんな薄っぺらいものに囚われなくても、舞祭組として歌う彼らは最高にアイドルで、最高にカッコイイのだと思う。

(言っていることがめちゃくちゃになってきていることは承知している。)

キスマイ全体も然りだ。
ジャニーズなのに「ブサイク」なんて言葉を冠番組のタイトルにつけることになったり。

でも、完璧じゃないことは人を惹きつける。
キスマイの、舞祭組の強みは「完璧じゃないこと」だ。
完璧な人間なんていなくても、アイドルは完璧に見えるように切り取られがち。
一般人には現実味のない世界だから、反感を買う。
でも、彼らは違う。
敢えて足りないことをウリにすることで、人気を得ている。
これも、アイドルなんだ。


アイドルは奥が深い。

又一つ、新しい世界に足を踏み入れてしまったようだ。

※携帯から書くのは効率が悪く、まとまりの無い文章になってしまった。
時間のあるときにまた書き直そう。