白球を追う音の葉

野球音楽オタク横尾渉風味

ご挨拶。

 
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
こちらは野球(特に日本ハムファイターズ)好きで、音楽をエネルギーとして生きている私が、ひょんなことからジャニーズアイドルKis-My-Ft2にハマったことにより開設したブログです。
主にキスマイについて書いていくブログになっています。
野球に関しては少し詳しいです。
キスマイやジャニーズについてはほとんど無知です。それゆえの失礼な発言がありましたらどうかお許しください。
音楽は大好きですが、まだまだ勉強中です。
趣味の範囲が広いため、雑多なブログになっておりますが、よろしければ興味のある記事だけでもお読みいただけるととても嬉しいです。
いくつか記事のリンクを貼っておきます。
 
☆キスマイ関連

横尾さんのこと。 - 白球を追う音の葉

・音楽感想

ジャニーズに苦手意識のある人ほどキスマイを聴いてほしいんだ。 - 白球を追う音の葉

久々に聴いた「Goodいくぜ!」が素敵アルバムだった話。 - 白球を追う音の葉

3rdアルバム「Kis-My-Journey」の話をしよう。 - 白球を追う音の葉

今更「KIS-MY-WORLD」にハマる。 - 白球を追う音の葉

アルバム『I SCREAM』はいいぞ。 - 白球を追う音の葉

個性輝く七人の勇者たち-MUSIC COLOSSEUM感想- - 白球を追う音の葉

・アンケート・データ系

対極にいる同志-エビキスアンケート結果考察- - 白球を追う音の葉

Kis-My-Ft2は本当にオラオラ系なのか【キスマイ1人称調査】 - 白球を追う音の葉

キスマイBUSAIKU!?テーマ(2016.08~2017.05.01) - 白球を追う音の葉

お付き合いいただきありがとうございます。
(2017/05/05更新)
 
 

【遅ればせながらご報告】自担が1級マグロ解体師の資格を取りました

 

えええええあの放送からこんなに時間がたったのにこの人書くのかよ~~~!!!!

と思っていらっしゃる皆様こんにちは。
前回「書きかけの記事吹っ飛んだ。気が向いたら書きたい気持ちはあるけど多分しばらく無理」としたが、やっと気が向いたので書くことにした。日が経ったのにこのタイトルをドヤ顔で使ってくるあたりがなんとも面倒な私である。

タイトルの通り、いや、皆さまご存知の通り自担である横尾さんが、"一人でマグロの解体ショーができる"1級マグロ解体師という資格をとったのだ。
3月、そして今回と2度の挑戦での取得となった。多忙であろうアイドルの仕事もしながらということを考えても、裏にあるだろう様々なとてつもない努力に尊敬の気持ちを抑えることができない。この素晴らしい出来事の記録を兼ねてこれを振り返り、この記事を書きあげたい。

2016年には月刊ダイバー・NYLONに載り、アイドルとしてはソロ曲を披露する傍ら、レギュラーとしてワンだランドに出演、俳句特待生、女形に挑戦、外国で料理対決などなど快進撃を続けた彼。2015年末よりファンになった私としては、「とんでもないときにファンになってしまった」という感覚があった。

2017年はどんな姿を見せてくれるのだろうとワクワクしていた3月、レギュラー番組「キスマイレージ」で横尾さんがマグロ解体師の資格取得を目指す特別企画が放送されるという予告が入った。うれしかったが大変驚いた。冠番組でソロ企画を見ることができるなんて。しかもそれがマグロ解体師だなんて。好きなアイドルのファンをしていて「自担がマグロ解体師の資格に挑戦する」という体験ができるなんて思ってもみなかった。

この浮かれっぷりである。

圧倒的にサーモン派の私であるが、この日からマグロに対する目が優しくなり、食べる機会が増えてしまったというのは言うまでもない(これは余談だが、プレバトの俳句での横尾さんの活躍を見て俳句を知りたくなり歳時記を購入したと友人に伝えたら「あんたがすごいというよりも、横尾渉がえげつない」と言っていた。マグロ派への鞍替えを検討するレベルでマグロが好きになってしまったので今回もたぶん友人のコメントは「横尾渉えげつない」)。

 

待ちに待った放送日。
詳しい話などここではしないが、様々な思いを抱えながらこの日を迎えることになった。
私の思いなんてどうでも良いのだけど、荒れた胃に優しいホットミルクと携帯を握りしめ、テレビに向かった日のことをよく覚えている。
必死に解体師資格取得のための筆記試験の勉強をする姿。ロケバスの中で(多少のおバカ(愛しい)な姿を見せつつ)懸命に口上を覚える姿。ハマチや粘土で練習をする姿。最終試験に手を、そして声を震わせながら挑む姿…どれをとっても一生懸命に努力する姿は本当に美しく、信じるべきものは私の見ている横尾さんであるということを再確認した日だった。ワイプ越しに応援したり不安そうに見つめるメンバーの表情を見ているとき、私の好きな7人はこの人たちなんだと、心から思った日だった。

しかし、残念ながらこのときに合格することはできなかった。

※「ヤフーニュースのトップに載りたい」という横尾さんの発言から今回の番組はスタートしていた。見出しは「ジャニーズ初 マグロ解体師 横尾渉」みたいなのを浮かべていたらしい

最後に流れた「リベンジ編近日公開!」の言葉を楽しみに次回放送を待つだけだった…のだが。

近日っていつなんだよ現象

待てど暮らせど「近日」がやってこない。きっと忙しくて準備が追い付いていないんだ。放送はきっとある。と信じてはいたものの、何か事情があって放送がなくなってしまったのだろうかと不安になるときもあった。キスマイレージの予告を見るのが、ちょっと怖いときもあった。

 

そんなある8月のキスマイレージ予告に、「魂のリベンジ編 放送」の文字が。

…?

…??

しかも、それが「7か月の集大成」だというのだから。

…!!!!!!

 いや、もうほんとこの日の私の一言に尽きるのだが、信じていたとはいえ、2度目のチャレンジを多忙の中していたということが本当にカッコいいと思ったし嬉しかった。横尾さんは、やっぱり横尾さんだった。

彼のことは当然芸能人としてしかしらないのだけど、私の好きな横尾さんがそこにいたんだ。翌週の放送が楽しみで仕方なかった。

 

 (長いけどもうちょっと!)

 

そして迎えた2回目の挑戦。

髪は少し短くなり、表情も前回とは違って見えた。不足していた部分を明確にして補うために練習をし、合格するために必死に努力する姿に胸を打たれた。

鮪匠(マグロ解体ショーのプロフェッショナル集団)さんの師匠の厳しい言葉も、真剣なまなざしも、全ては本気で挑戦する横尾さんにだけ向けられたものであることを感じてドキドキした。

実は予告の時点で「2回目の挑戦をする横尾さんの姿は、きっと私の好きな横尾さんのすべてが詰まっているだろう」と確信していたため、少し周りの人にも勧めていた。勝手にちょっと照れもあったけれど、きっと伝わる人には伝わるだろうと。

 

迎えた最終試験。

明らかに前回よりも堂々としているように感じたし、何より直前に「自信はある。やるだけやったから」みたいなことをすっきりとした表情で話しているのが嬉しかった。

少しひやっとするところもあったけれど、堂々と口上を披露し、その後も危なげなく解体を進めていた。

前回危なかった包丁の向きももう間違わない。

客席に掛け声についての説明をする場面で見せた笑顔が忘れられない。

その笑顔を見て、ああ、この人は絶対受かる。そう思った。

 

結果発表はスタジオで、だった。

 

 

合格だった。

 

 

それを聞いた瞬間、崩れ落ち安堵の表情を浮かべた横尾さんから目が離せなかった。

この人は、本当に本気でこの資格に挑んでいたんだ。

 

メンバーは優しく、元気よく合格を祝福していた。特にキタミツは、めちゃめちゃ嬉しそうで、合格の瞬間に画面の端っこにいた横尾さんのことを弄ったりしながらも、解体師の認定証を見てとてもよく笑っていた。横尾さんも、認定証を手にしてとても素敵な顔で笑っていた。

 

横尾さんは、横尾渉さんは、全国でわずか8人の「1級マグロ解体師」になった。

 

翌朝、たくさんのニュース記事ができていた。トップではなかったけど、ヤフーニュースにも載っていた。やったね。

どの記事を見ても横尾さんはマグロ解体師だった。間違いなかった。

いやいや、ええええええーーーーー!!!!!

一度寝ておきて冷静になったのか、今更信じられない気持ちになった。だって日本で1/8になれることなんてあります??いやキスマイのメンバーってだけで横尾さんはまず1/7ですごいんですけど。えええいやいや全国8人目て!!ちょっと!!

 

最近はコンサートのMCやWSでもマグロ解体師のことが取り上げられていて、やったね横尾さん!という気持ちになっている。この間はキスブサでも触れられていて、なんとも誇らしい気持ちだ。

とっちらかったひどい文章だ。とにかくこの嬉しさを残しておきたかったから、感情に任せて書いてこんなことになってしまった。時系列もあいまいだし、細かいところは間違っているかもしれない。でも、気持ちに嘘はないんだ。

 

最後に。愛のこもったブログを見て、何度でもニヤッとしてしまう。

ameblo.jp

 

こんなに楽しい経験ができると思わなかった。こんなに知らないことがあるとは思わなかった。そんな気持ちにさせてくれる、人生に刺激をくれるアイドル。

横尾さんは、誰が何と言おうと、私にとっては最高のアイドルだ。

横尾さんのファンでいられて、よかった!

祝・6周年

Kis-My-Ft2の皆様デビュー6周年おめでとうございます!!!


私がファンとしてこの日をお祝いできるのは今年で2回目。まだまだ知らないことも多いひよっこですが、なんだか嬉しいです。

キスマイに吸い込まれるようにハマっていった時、私の日常は決して良い状態とは言えず、彼らは本当に光でした。間違いなく彼らの存在や作品は私の原動力になっていました。いまでもそれに変わりはないけれど、もう少しバランスのとれた状態で作品を楽しむというスタンスに落ち着きました。

キスマイの音楽が好き。
アイドルに固有の音楽性というものはないのかもしれませんけど、私はキスマイっぽさというものが存在すると思っていて。それでいていろいろな曲を持っているので、その人が好きそうな1曲から勧められるところも大好き。リリースの度にこんなにワクワクすることあるかというくらい楽しんでいます。

キスマイのメンバーが好き。
私は横尾担なので横尾さんのことが一番好きですが、6人のこともとても好きです。いつかみやっちが言っていたのと同じで、横尾さんは1番だけど2番は6人です。良い意味でバラバラな7人がどうしようもなくツボです。

 

7年目も行けるところまで、私も突っ走っていきたいと思いました。アイドルは私の人生の全てではないけれど、私の人生を楽しくしてくれる要素であるということは、きっと大切なことだと思うから。
この一年もたくさんの素敵な音楽を聴けること、素敵なメンバーの姿を見られることが楽しみです。
久しぶりに原点回帰テーマだったキスブサも、横尾さんのマグロ企画を放送したキスマイレージも、ずっと続きますように。

ツイッターやブログを使うことで、素敵な文章を見たり、好きを共有できたりして楽しい日々です。周りにはなかなかカミングアウトできずにいる私にとって、オタクごとに関しては唯一の居場所なので。バーチャルな世界だけど、ここで出会えた方々もキスマイあってのこと。

人生何があるかわからないとはこのことか。キスマイを好きになってから間違いなく、私は柔軟になり、新しい楽しみを見つけることができました。
私のことなど知らなくて当たり前だけど、一方的に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとう。おめでとう。

 


おまけ
そうそう昨日ツイッターでは散々騒ぎましたが、完成間近の記事が吹っ飛びました。今まで書いてきたものの半分くらいは一定のところまで消えたことがあるのですが(バカ)、今回は跡形もなく消えたのでさすがに凹みました。
こちらでも、書き残しておきます。タイトルは『【ご報告】自担が1級マグロ解体師の資格を取りました』でした。誰かしらこのタイトル使ってそうだけど。一度やってみたかったテンプレっぽい見出し。気が向いたらまたこのことに関しては書きたいけど、やっぱり旬というものもありますからねー(下書きに残る平凡ブルータスのポエム記事を眺めながら)。
そんなこんなで、今回は自動保存付きのメモ帳アプリというものを利用しています。素晴らしい。使うべき。教えてくださった優しいフォロワーさんに感謝して、この記事はおしまいとします。

Baby Loveが絶妙

 

こんにちは、最近ミューコロ通常盤を入手しました(遅えよ)。

…というものを1か月放置して今にいたるわけですが、一応自分の記録としてあげておこうと思います。リバースネタなどズレを感じる部分も多々ありますがこのまま。ピキラにも触れておきます。

 

アルバム『MUSIC COLOSSEUM』通常盤のみ収録楽曲

優しい雨(北山くんソロ)

切ない系恋愛ドラマの主題歌じゃない理由を教えてほしい。白っぽい映像の中に切なげな表情をして俯いてる演者さん浮かびません?

俺たちの北山宏光って感じで痺れる。通常盤にしか入ってない悔しさと、嬉しさと、通常盤だからこそいろんな人に届く幸せを感じます(誰)。

余談、最近FORMをギターで弾いてみたところ胸が苦しくなりました。

Life is beautiful〜大切なあなたへ〜(藤ヶ谷くんソロ)

タイトルが出た時、ひぇーって思ったけど、藤ヶ谷くんの優しさがひしひしと伝わってきてじーんとくるものがあった。ぴちゃん優しくて大好きです。

Camellia(玉森くんソロ)

このアルバムで一番意外だった曲。

私の中のジャニーズイメージとは違うという印象なので誰かの扉を開くきっかけになればいいなと思う。絶賛リバースロス中の私ですけども、あさみんに聴いてほしいって思ったら泣けてきた(情緒不安定)

Baby Love(ボートラ)

Aメロ!!!が!!好き!!すぎてこの記事を書き始めました。

嫌いな音が1音もないのですがここ嫌いな人いるんですかね?

Bメロでエイベお得意の打ち込みEDM感を出してきたと思った後のサビよ。案外キラキラ。でも歌詞をよく聴いてみるとなんだかせつない気持ちになるんですよねぇ…この夏聴きたい曲No.1かもしれん…。

ニカラップ激推し芸人としてはニカ千のパートが最高すぎてですね。この曲を聴かずに2017夏を始めようとしていたことを大変後悔するとともに手に入れてよかったと心底思いましたとさ(完)

 

シングル『PICK IT UP』

PICK IT UP

櫻子さんで聴いたときはあまりピンときていなかったけど、衣装PVフルで聴いた感じ込々で好き。この方向性よ続いておくれ…と。

アルバム出た後だしツアー中だし、なかなか大変な時期だとは思うのですが供給半端ねえ!と思うくらいのペースでくる幸せを感じるばかりです(能天気)

Up&Down and Up&Down,Yo Dance!(初回A)

試聴段階で1位。はい。1位。

タイトルが長いな~という印象だったけれども、聴いてみて最高だなと。

こういうファンク調の曲はもともと自分の好みであるというひいき目はあるけれども、一歩間違うとダサくもなってしまう危険性もはらんでいるわけで…そこをうまくイケてる!と思わせてくれるキスマイが好きです。ファンクなんだけどもなんとなく展開が現代テイストなところもオシャレですよねぇ。初回Aを買った人しか聴けないのが本当にもったいないので偉い人どうにかしてください。

All Around The World(初回B)

爽やかな一面も見せてくるんだな~~~ここで。

もしツアの曲になるものは大体爽やかで明るくて前向きな感じがするけれど、これはまさにという印象。

ギター一本持って、白シャツで風にあたりながら弾き語りしたい(したくない)

ズッキューン(通常)

女子ドルかな?が第一印象。

キスマイのトンチキ感はほんとに魅力だって思っているのでマジやばーいみたいな歌詞を歌ってくれるのは楽しくて好きです。

そうそう今年もウナのタイアップおめでとうございます。蚊に刺されやすいのでめちゃ役に立ってます。

 

2017年リリースの曲は2016で消滅した俺曲が結構出てきていて。

こっち路線が好きな私はニヤニヤしています。以上今更過ぎる感想でした!

 

P.S.藤北玉ユニット「まえあし」Mステ出演決定おめでとうございます!

いろんな人がいろんな思いを抱えるのは当然だと思いますが、私はおめでとうを贈りたいです。どんなカッコいい圧倒的パフォーマンスを見せてくれるのか、楽しみにしています!楽しみな気持ちを大事にしていいんだよと伝えたい(自分に)。

いや、いろいろ考えた結果平仮名の「まえあし」表記に落ち着いたことがじわじわ面白いし、Mステのホームページに「まえあし from Kis-My-Ft2」ってまじめに(当然)書いてあるのが非常にツボ。

何を歌うのかな。まえあしちゃん…いやあ表記ユルいなぁ(笑)

 

「ちょうどよい距離」をとること


こんにちは、ぴのです。
5月22日にこのブログは一周年を迎えました(ってはてなからメールが来ました)。
いろいろなことに気を付けてこれからもちびちび書いていこうと思います。

思い返してみれば私がキスマイにはまったのが2015年末。キスマイの曲が良いというレコメンド記事を書いたのがそれから半年後の話でした。まだまだ勧められる側だったろうに(笑)
やはり知りたい聴きたいという気がある人はいくらでも自分で情報収集はしますよね。
そういう時に読んでもらっても問題ないものがかけたらいいなぁと思っています。

最近いろんなことがありましたね。この一周年記事に何を書こうか非常に迷いました。
いろんなことを下書きとして書きましたが、怒りに任せて文章を書いても結局どす黒いものになったり、不快なものになったりするだけで到底世界に発信することはできませんでした。

全くジャニーズはおろかアイドルに興味を示さずに生きてきた私が1年間文化に触れて感じたことや、気を付けたほうが良いと感じたことをメモしておこうと思います。いろいろな方向に苦しんでいる人が少しでも楽になりますようにと願いながら…。


なお、ここから書くことは完全に個人の独断と偏見に基づきまくっております。特定の人物や団体を誹謗中傷するものではありませんし何かを強制する意図は全くありませんが、お気をつけください。。。


その1「全部網羅できなくたっていいんだ」
ジャニーズは人気のあるコンテンツです。
一つ一つのグループにももちろん特徴があってファンもいろいろですが、「ジャニーズブランド」はものすごい力を持っていると思います。需要があるから、供給も多い。冠番組、音楽番組、ワイドショー。テレビ雑誌、アイドル雑誌に音楽雑誌、ファッション雑誌。そしてCDとDVDとラジオと…あっ、ドラマと映画が決まった…!
全部追うことなんて到底できません。少なくとも私には(笑)
私は雑誌はほとんど買わないですし、CDやDVDだって全種買いはできません。
お金は湯水のようにあるわけではないし、1日は24時間しかないし、みんながみんなどこまでこのコンテンツに熱量やお金を使うのか、というのは人それぞれですよね。
たまにSNSを見ていると「全然追えていなくてもうファンって名乗れない」なんて言ってる人もいますが、全部追えている人なんてきっとそんなに多くはないんじゃないかな、と思います。
ほしいのにお金や時間が追い付かない、つらいって気持ちもわかりますが、まずは自分の生活あってのことだということを忘れずにいたいです。自戒(笑)

そうそう、音楽チャートや雑誌のアンケートとかいろんなところでジャニーズタレントの名前を目にすることがよくありますが、あれは恣意的な操作うんぬんというよりも熱量のあるファンが多いからだったということがよくわかりました。数も多いが熱量もすごい。すごいなぁと思う一方で、キスマイにはまる以前のことを思い出したりもして、いろいろ考えちゃいます。

その2「SNSとは程よくつきあうべし」
私はツイッターが好きです。正直キスマイにはまるまではたいしてSNSをやってきませんでした。
LもFもIもやってないし、基本的に必要以上に人と関わりたくないんでしょう(笑)
でも好き、を共有できたり、素敵な文章やイラストを見ることができたり。あとは情報が本当に早いという利点があるので始めてみたらあらま大事。ハマってます(笑)
SNSはよくも悪くも情報ばかり。時には間違った情報が拡散され市民権を得ていたり、信ぴょう性のない情報に巻き込まれて傷ついたり。気にするなって言ったって無理なときもあるんですよねえ。
私の大好きな横尾さんが(一部の人から)ボッコボコに言われていた時、どこまで信用に足る情報なのか、ということを整理する前にかなりダメージくらってしまいました。熱も出したし朝まで眠れなかったこともありました。彼に対する落胆とかではなく、こんなに露骨に攻撃をする人がいるんだ、とか、好きを発信しているお仲間さんたちが傷ついていたり、とか。
でも、一度冷静になって距離を置いて、ちゃんと脳内を整理して、ああこれは嘘じゃないかとか、まだわかってないことで騒ぐのもばからしいな、とか分かって復活したんですよね。もうどんなことで攻撃されても私は倒れませんよ!(笑)
SNSは広くて狭い。それぞれがちょうどよい距離を持ちながら楽しめたらいいな、と。

その3「自分のスタイルを曲げなくていい」
「本当のファンなら厳しい意見を言うべきだ」
よく聞きませんか。私はこの2か月ほどで死ぬほど聞きました。私自身はSNSに何か否定的なことを書くことで得られることは何もないと思っていますが、そういう考えの人を頭ごなしに否定するつもりもないです。
とにかく、自分のしたいようにアイドルのファンをしていけばいいと思うんです。大前提として私はファン活動は個人的なものだし、何か見返りを求めてするものでもないと考えているので、そうでない人とはスタンスが違うんですよね。
いろいろな考え方があるのは当たり前ですが、それを押し付けたり、その違いに苦しむ必要はないということです。難しいけど!

その4「アイドル以外の趣味も忘れない」
私はキスマイ沼にはまる前までは、アイドルを通ったことはありませんでした。
ところがキスマイにずぶずぶハマってからというもの、特に最近は!ミューコロばっか聴いて寝ても覚めてもキスマイばかりになっていたのです。おのずと他の趣味は弱火どころかとろ火になっていまして。
久々にキスマイの火を中火くらいにして、音楽を弱火くらいに戻したら精神的に元気になりました(笑)バランス大事。
私にとって音楽は酸素で、野球は水で、キスマイは栄養剤ですから、そりゃ栄養剤ばかりだったら具合も悪くなりますわ。
あとは一つに集中しすぎてしまうと、一つに何か問題があった時にすべて失うようなことになりかねませんし。分散は大事です。

その5「好きなら何をしてもいいわけじゃない」
好きなものをほめられると嬉しい。好きなものに興味を持ってもらえると嬉しい。でも、だからと言って押し付けるのは良くないと思います。最初に書いたように、この時代、興味があればいくらでも情報は集めると思うのでね。

「好きだからやってんだ」って攻撃するのも私はだめだと思います。それぞれの付き合い方はあるけど、好きだからって暴走してはいけないと思うのです。


あとはチケット詐欺に注意しなきゃ、とか二次創作は気をつけなきゃ、とかそのあたりでしょうか。もちろんジャニーズに限らないですけどネットのマナーとかルールとか危機管理とか、そこはきちんと…せめて、自分だけは恥ずかしくないような行動をしようと思います。

以上!どれもまあ当たり前のことで知ってるよ!って思われるようなことばかりだし、優等生かよーって言われそうなものですが、改めて文字にしておくことで何か良いことがあるかもしれないので書きました。

 

みんなが楽しくそれぞれのペースでアイドルファンをやっていけますように。

 

 

MUSIC COLOSSEUM プロデュース曲予想

お題「Kis-My-Ft2「MUSIC COLOSSEUM」レビュー」


皆さんこんにちは!新潟初日が明日に迫り、ツアーに向けてボルテージ最高潮ですか?(AAO)
ツアーが始まるとおそらくプロデュース曲の答え合わせも始まってしまうのではないかと思い、なんとか滑り込み。
WSとか雑誌各種、聴いての感じを総合しているのでもろもろご注意ください。

(どうしても予想がしたくて、今更雑誌をかき集めてしまった)

カッコ内は曲の長さ、◎が本命○は対抗▲大穴で。あ、競馬やりません。

 

①Overture~MUSIC COLOSSEUM~(02:37)
◎二階堂 ○なし ▲北山

・ニカ「俺の曲は短い」「一度外された」
・ニカの曲は「宮田のイメージが一番ない」→穏やかなみやっちだからこそこういうハードなイメージがない?
・「宮田パートは2万回聞かないとわからない」ほかの曲はみやっちのパートは非常にわかりやすい。
・そもそもプロデュースにOvertureが入ってるのかどうかは微妙、ニカ以外なら北山くんかなって感じで大穴

②VersuS(03:58)
◎横尾 ○千賀 ▲藤ヶ谷

・兄組と弟組で分けるという発想は兄組だと思う、というかだったら滾るからそうであってくれ。
・「横尾さんの曲は歌唱力が必要」歌唱力が必要かはどうか微妙だが雑誌で「VersuSが大変だった」という発言があった。
・歌詞にこだわりがある。あとめっちゃ時間っていう。キスブサで「時間」を歌詞に入れまくっていた横尾さんが浮かぶ。

・でもバーサスっていうタイトルが千賀くん感が強い。あとSが大文字なところも。

・横尾さんと千ちゃんは最初曲がかぶっている。

・たいぴっぴの言う「新しい試み」が兄組vs弟組、の可能性も捨てきれないから大穴で。

③いいね!(04:10)
◎玉森 ○二階堂 ▲横尾

・「タマの曲が一番わかりにくい」「どんだけふり幅あるの」
・ニカちゃんの歌詞を平仮名にすることができるのは…小競り合いばっかりしてるおたまではないか。
・こういうみんなの応援ソング!みたいなのはすごくニカちゃんっぽいし、歌い上げるパートに千ちゃんを選ぶ当たりもニカちゃんだが。この曲にみやっちのイメージがないとは言えない。
・二人とも違うならタイトルのイメージで横尾さん。

④One Kiss(03:26)
◎なし ○玉森 ▲千賀

・トロピカルハウスを取り入れるという発想はEDM好きの玉ちゃんだろう、というのが自然なのだが、玉ちゃんが自分のパートを歌いだし、Dメロなど目立つところに配置するだろうか?
・そもそもこの曲が玉ちゃんなら全然難しくない。
・プロデュース曲ではなくEDM得意のエイベックスなら普通にアルバムに入れる可能性が高い。

⑤キスしちゃうぞ(03:25)
◎宮田(自信があるので以下略)

・「タイトルで分かったと思う」「アイドルな部分を出した」という発言
・「ニカちゃんのところを何度も録り直した」
・最初はみやっち、最後はキタミツで締めるあたりにオタクの需要がわかっていそうな感じがする。

⑥Bang! Bang! BURN!(03:33)
◎北山 ○なし ▲二階堂

・ロックで正統派なのが北山くんぽい。
・北山→藤ヶ谷、舞祭組、Bメロで玉森、という歌割りが今までに近い気がする。プロデュース曲なら、今までも関わっていそう&他メンが新しい歌割りにしてくるからあえて正統派を選びそうな北山くん。プロデュース曲じゃない可能性もある。
⑦r.a.c.e(04:15)
◎千賀 ○横尾 ▲北山

・いいパートを千ちゃんがたくさん歌っている
・「曲を聴けばすぐに千賀だとわかる」
・ダンス曲である
・スタブロ「キスマイのためにずっと温めていた」北山くん「候補にないところから引っ張ってきた」から北山くんの可能性も捨てきれない
・横尾さんの理由はあんまりない、千ちゃんと被ったというところから

⑧Dream on(05:12)
◎藤ヶ谷 ○横尾 ▲なし

・「新しい試みをした」→最初の部分がおそらく観客パートだからそこ
・「アルバムとしてのバランスをとった」→こういう曲調が他にはない
・いくら姫でも歌詞カードの最初の色をピンクにしたりするのだろうか(横尾さんだったらそれはそれでやばい)

・横尾さんはこういうの選びそうという勝手なイメージ。でもこの曲なら千ちゃんとは被らないだろう。

 

ということで

Overture→二階堂

VersuS→横尾

いいね!→玉森

キスしちゃうぞ→宮田

Bung! Bung! BURN!→北山

r.a.c.e→千賀

Dream on→藤ヶ谷

プロデュース曲じゃないのは、One Kissという予想。

 

答え合わせが楽しみ。
宮田くんのところはかなり自信がある(笑)がそのほかは結構わからないなぁ。
とにかく、ほんとに何回も聴いて非常に楽しんでいます。MUSIC COLOSSEUMありがとう!!

 

 

MUSIC COLOSSEUM(DVD付)(初回生産限定盤B)

MUSIC COLOSSEUM(DVD付)(初回生産限定盤B)

 
MUSIC COLOSSEUM(DVD付)(初回生産限定盤A)

MUSIC COLOSSEUM(DVD付)(初回生産限定盤A)

 
MUSIC COLOSSEUM (通常盤)

MUSIC COLOSSEUM (通常盤)

 

 

 

個性輝く七人の勇者たち-MUSIC COLOSSEUM感想-

 

※なぜか編集前の状態に戻っていたので上げなおしました…

 

お題「Kis-My-Ft2「MUSIC COLOSSEUM」レビュー」

 ↑id:asa_dive さん、早速お借りしました!

 

こんにちは。

5/3発売Kis-My-Ft2のニューアルバム『MUSIC COLOSSEUM』がものすごくよかったので感想を書いておこうと思う。めちゃくちゃネタバレなのでまだ見たくないという方はお気をつけください。

ちなみに今回私が購入したのは初回B。音源厨なので3人のソロと7人曲が1曲入った通常はどうにか手に入れるつもりだが、同じ内容のCDを二枚は買わないというポリシーがあるので泣く泣く初回Aは諦め。うっ…兄組3人4脚…たぶん耐えられなくなったら買う(意志薄弱)。

 

前作5thアルバムの『I SCREAM』はとても爽やかで夏らしい一枚だった。

ジャニーズのファンではない人に最初に手に取ってもらうのに最適な一枚だったと思う。非常にバランスが良くて、アルバムとしてまとまりがある。ライブで化けた「PSYCHO」や「I Scream Night」が収録されていて、思い出補正込でも満足度の高い1枚である。

その一方で、4th『KIS-MY-WORLD』が好きだった私としてはもっとギラギラ感がほしい、好きなもの詰め込んだ宝箱みたいなアルバムがほしい、という気持ちもあった。

そこでやってきた6th『MUSIC COLOSSEUM』。曲もかっこいいものが多く、買ってよかったと思えた作品だった。まさに好きなものを詰め込んだ宝箱である。私は4th落ちのキスマイファンなので、6th落ちのキスマイ担もたくさん誕生することを祈っている。

 

1.Overture~Music Colosseum~

試聴の時からカッコいいとは思っていたが…予想以上。

まず歌詞があるところから今までのOvertureとは違う。

これを説明できない自分の語彙力や音楽的教養のなさに落胆するがとにかく聴いてほしい。非常に良い。所詮アイドルとか思って聴くと大変なことになるマジで。

そしてベースに人時さんが参加…暗黒界隈の人間としては胸アツ…。。。

2.EXPLODE

この曲好きすぎて…ラジオで流れた時の音源を再生しまくってアルバム入手前に歌えるようになっていた。最高すぎる。

「攻めのキスマイ」を象徴するような歌詞。この時代のチャンピオンになるだけではなく、マニュアルなんかぶち壊して次の時代も作っちゃう。

「限られたマテリアル とめどない欲望の渦」の北山くん特に素晴らしい。

3.VersuS(メンバープロデュース曲)

めちゃくちゃカッコいい。かっこいいしか言ってないけどカッコいいんだよ…

兄組(Ki/Y/F)vs弟組(S/M/T/2)というコンセプトも素晴らしいが、歌割りや歌詞にもかなりこだわりがあるということを歌詞カードを見て感じた。これ考えた人は相当策士だと思う。和テイストのメロディーとラップメインの歌詞が良い。

4.いいね!(メンバープロデュース曲)

試聴時とイメージが変わった。明るく軽快なリズム。サビ前の音が特に良い。

なんだかちょっとお祭っぽくて、ただただ元気をくれる。

やっぱりここまで具体的に「OL」「主婦」「サラリーマン」と名前を出してくるあたりがすごくとあるメンバーが浮かぶなぁ…。

お気に入りは北山くん→二階堂くんのラップと、「いいね~~~~~~!!!」の千賀くんビブラート。

5.レッツゴー!!(映画「レゴバットマン ザ・ムービー」主題歌)

初回Bの「ボクらのミュージックコロシアム」を見たせいでそのイメージが強いけど(笑)

明るくアップテンポなメロディーとちょっとトンチキな歌詞(「WASSHIOI!」など)がクセになる。自然と笑顔になっている元気な曲。

「迷い道~」からの玉森くんパートかなりお気に入り。

6.SEVEN WISHES(KISS MY NAGASAKIキャンペーンソング)

☆2017/03/01発売 18thSingle『INTER』収録曲

実家のような安心感。旅に連れていきたい曲No.1。

怒涛の前半からここでシングル曲を入れてきたかー、という印象。

旅行だけでなく、新しい生活のはじめにも聴きたい爽やかな曲。

7.One Kiss(メンバープロデュース曲)

ミドルテンポのハウス。こんなオシャレなことできるのはあのメンバーに決まっている!と思ってる。曲調は違えど5thなら「Flamingo」の位置かな。オトナなキスマイを表現している最高の一曲。アイドルのアルバムでこういう曲が聴けるのはやっぱり面白いな!

8.Sha la la☆Summer Time(ウナコーワCMタイアップ曲)

☆2016/08/24発売 17thSingle『Sha la la☆Summer Time』収録曲

ウワァ~~~!!!!夏が来る~~~~~!

この曲がシングルでリリースされたのは8月の末だったので「夏の終わり」のイメージがあったけど、「夏がはじまる」と言ってる。1番は。ほんとにいろんな思い出の詰まった曲だけど、それを抜きにしても「夏の終わりの寂しさ」を見事に表現した綺麗ではかない曲だと思っている。

9.キスしちゃうぞ(メンバープロデュース曲)

王道のアイドルソングだ~~~!!!!というか女子ドルというか二次ドルっぽい曲。かわいい曲だなぁ…!!!

一人ずつ「Na Na Na…」のパートがあるところも一人ずつ「らしい」一言があるのもとっても素敵。きっとキスマイのアイドルな部分を大事にしてくれるあの人のプロデュースじゃないかなぁ。。。

10.君のいる世界

☆2017/03/01発売 18thSingle『INTER』収録曲

ゼクシィのタイアップ曲(大嘘)。本当に幸せすぎるこの曲は。今回のシングルはトリプルA面だったのでテレビでの披露はなかなかないけれど、いつか白いタキシードに身を包んだ7人が歌ってくれる日を夢見ている。

11.Bang! Bang! BURN!(メンバープロデュース曲)

スピード感のある曲。ロックでエネルギッシュで、それでいて正統派。

こういう曲があるからアルバムが間延びしないんだよなぁ。良い。

12.r.a.c.e(メンバープロデュース曲)

安心安定のかっこよさはSTEVEN LEE氏が作曲に参加しているからなのか。

K-POP好きにもきっとはまる電子音と暗カッコいい感じ。ダンスにも期待!

13.Tonight(第一興商 LIVE DAM STADIUMタイアップ曲)

☆2017/03/01発売 18thSingle『INTER』収録曲

キスマイの真骨頂、カッコいいのにどこかトンチキ感のある曲!!!!

すごくイケてるのでとりあえず聴いてほしい。INTER収録曲に関する感想等、詳しくはこちらから↓

gbh-asap.hatenablog.com14.Dream on(メンバープロデュース曲)

!?

冒頭の「wow…」に驚く。海外ロックバンドの曲のようなテイスト。ミドルテンポ。たぶんライブ向けの曲。終盤のDream onを思い出してツアー後に泣いているファンの姿が今から浮かぶ。

 

…メンバープロデュース曲の予想はコロコロ変わってなかなか定まらない。

発売したらもうわかっちゃうと思っていたけれど、どうやらまだまだ楽しませてくれるようで。分析厨なのでちゃんと歌割りも含めてもっと研究して予想を立ててみようと思う。でもこの7曲はどれも個性がバラバラで、いろんなふり幅を持っていて。こんなに個性の違う7種類の曲を作ることができるなんてキスマイの強みだと思う。私の好き!がここまで当てはまるなんて。リリースする作品にわくわくできるなんて。いい意味で予想を裏切ってくれるなんて。今回の作品、一番好きです。キスマイに出会えてよかったな。

 

★番外編

初回B特典 組曲「ボクらのミュージックコロシアム」

これをキスマイ初めて!という人に渡す勇気はありません。初めての方にはもちろん通常をオススメする。が、私の好きなキスマイが詰まっていてとっても楽しかった。

5thアルバムのソロと、17thシングルのB面ユニット曲をベースにして、そこに「レッツゴー!!」を足して作られた組曲

何度見てもワッター(横尾さん)が渋い顔して「お出汁〜〜」って歌うから笑うし、たいピーチ(藤ヶ谷くん)の被り物のサイズひどすぎる(褒めてる)。

たまっち(玉森くん)の演技も素っぽくてよかった。みやっち(宮田くん)のオタクは見慣れちゃってカッコいいし、ジョッシー松村(二階堂くん?)は本当に可愛くなってる。KEN-KING(千賀くん)は振り切ってて圧巻だし、渋ミツちゃん(北山くん)は顔のインパクトが強すぎるんだけどパラパラがうまい。

これを見た後のTouch組(藤ヶ谷、玉森)のスーツ姿のかっこいいことよ。。。

(ボクらのミュージックコロシアムを見ていない人にとってはよくわからない言葉が続いたと思うが、見ている私でさえよくわからなかった。気になる方にはぜひ本物のMVを見ていただきたい)

なんといっても最後にレッツゴーをみんなで踊るところが素晴らしいったらありゃしない!みんなバラバラの恰好で、バラバラの個性なのに、手をつないで横に並んでしまう。とっても楽しそうに踊っている。ああ、これがキスマイ。これが私の好きな7人の勇者たちなんだ。

 

曲聴いてよし、特典見てよし。ブックレットもカッコいい。

ボリュームたっぷりMUSIC COLOSSEUM、心からオススメします!!!!!!!!!

MUSIC COLOSSEUM(DVD付)(初回生産限定盤B)

MUSIC COLOSSEUM(DVD付)(初回生産限定盤B)